HOME>ホットトピックス>企業のPRやイメージ映像まで目的は問いません

どんなジャンルにも対応します

企業が街頭やオフィシャルサイトなど様々な場所で映像を流しています。現在、プロモーション映像やイメージ映像は積極的に行われています。テレビCMより低予算でできるのが映像の強みです。しかし、自社で高品質な映像を作るにはそれなりのノウハウが必要です。そこで役立つのが映像制作のサービスです。映像制作サービスに任せればノウハウがない方でも映像が制作できます。企業PRやデモンストレーションなど、利用シーンに合わせて色々なコンテンツを依頼できるのもメリットです。実写、アニメーション、CGなど得意とするジャンルも会社によって違います。過去の制作実績やサンプルを見て自社が求めるイメージか判断しましょう。

制作者側に伝えること

映像制作は依頼する前にまずはアイデアや映像のコンセプトをまとめましょう。詳細の意思を制作者に伝えるのは重要なことです。マーケティングやサービスで売上に繋げたいならそれを相手に説明する必要があります。自社のサービスをよく知るのは自社であり、アイデアを丸投げしてもイメージには近づきません。「このような映像にしたい」イメージを持ち、ターゲットや映像の目的を説明しましょう。映像制作会社もスムーズに作成できます。例えば、PR動画を依頼したいなら製品や業務内容は簡潔にまとめましょう。魅力を伝えたいばかりにあれこれ内容を盛り込みすぎてもはっきりした方向になりません。無駄をなくしてシンプルにまとめる映像にするのが鉄則です。伝えたいことはどうしても厳選しないといけません。